サポート事例

●要点濃縮リスニング 利用者 I様

現在、仕事が非常に忙しいのですが、合格する為の一日の学習時間数はどの程度を目安とすればよいですか?無理せずに頑張れる程度の学習時間を教えて頂ければうれしいです。宜しくお願いします。

学習時間は、あまり関係なくその学習時間にそれだけ集中できるかだと思います。 学習時間には個人差はありますが、基本的には6ヶ月前1日30分?120分程度の学習をされているかたが多いように見受けられます。

●要点濃縮リスニング 利用者 H様

仕事や家事でまとまった勉強時間がとれず思った以上に勉強できません。どうすればよいでしょうか?

受験者の中には、仕事や家事などで学習時間がなかなかとれない方が多くおられます。こういった方にお勧めなのが本教材のスキマ時間学習法です。散りもつもれば山となるで、すきま時間を有効に活用することで試験合格も可能だと思います。

●要点濃縮リスニング 利用者 M様

仕事で運転中であることが多く、勉強時間にその時間を有効に活用しようと思っています。テキストを見なくても、音声だけで学習効果は上がりますか?

濃縮宅建の文章は、覚えやすいように短いセンテンスで構成しています。そのため、音声を聴くだけでも、頭に入りやすくなっていますので大丈夫です。とはいえ、もし、ほんの少しでもテキストを読む時間が取れるのであれば、テキストを通読してから音声を聴くと、より理解しやすいと思います。

●要点濃縮リスニング 利用者 S様

宅建試験は、「統計情報や法改正情報を、夏以降にきちんと抑えないといけない」と聞きました。濃縮教材は対応しているのでしょうか?

濃縮宅建の教材は、試験年度の春までに制作します。このため、それ以降の情報は反映されていません。これは、書店で販売している書籍や教材などに共通した状態です。そして、一般書籍などでは、最新の情報に対応をすることができませんが、濃縮宅建では、瀧澤宏之が主催する「タキザワ宅建予備校」を通じて、常に最新情報を提供していますのでご安心ください。大手受験予備校の通学生と同じレベルの情報を手に入れ、万全の体制で、試験会場に向かうことができます。
 >> タキザワ宅建予備校へ

●要点濃縮リスニング 利用者 N様

宅建の試験は、出題範囲が広いのですが、効率的な学習方法はないのでしょうか?

宅建試験の効率的に学習していくためには、過去問題の分析から始めます。分析の着眼点はどの分野から 何問出題されているかをポイントにして把握します。そうすると、どの科目・範囲を重点的に学習するべきかが見えてきます。




  • 推奨コース案内
  • 申込画面へ
  • ホームへ戻る
上山 明子 さん
この歳になってからも就職がみつかるという素晴らしい試験に合格できました!
神田 紀子 さん
濃縮教材のお陰で、難関の国家試験に無事合格出来ました。 有り難うございました!
藤高 政人 さん
聴き取りやすく理解しやすく、移動中など空いた時間に聞けるのでおすすめだと思います。
川野 健 さん
就寝前のリラックスした時や車を運転中に何度も繰り返して聴くことが出来ると思います。
田中 静子さん
毎日、運転中に聴いていました。難しい問題が多かった試験でしたが合格することが出来ました!
田中 あい さん
音声を聴くと「この内容参考書で覚えたな」という事があり、記憶確認・定着にいい感じでした!
松川 文乃 さん
過去問も充実しており傾向をつかみやすいです。この教材のおかげで合格でき、本当に感謝です!
中田 千裕 さん
どこでも聞けると思いますので、少しでも時間が空けば濃縮の出番です!
神道 裕美 さん
すきま時間に聴くのも勿論ですが、BGM代わりとして聴くなど色々な聴き方をしていました。
金坂 さん
出勤時や子供の送迎の時に車で聴くだけで、見落しそうな項目もスルスルと勉強出来ました。
島田 千穂 さん
通勤の車の中で活用したり、家事の合間にCDをかけながら何か出来るので大変活用できます。
黒田歩さん
勉強に必要なのがCDだけ!というのが何よりでした。
田辺 直輝 さん
リスニングをすすめて1行に要点をまとめているので集中して聴くことが出来ました。
滝沢 まなみ さん
繰り返し聴くことにより、重要ワードや繋がりといったものが要点として頭に入ってきます!
手塚 正男 さん
通勤中の車の中や短時間で効率良く学習でき、結果合格することが出来ました!
河野 亜紀 さん
お風呂などリラックスしている時や用事をしながら何度も繰り返して聴くことができます。
伊坂 幸嗣 さん
試験日まで5カ月間毎日聴いていると自然に記憶に残るんですよね。
藤本 崇史 さん
スキマ時間はあるけど、両手が使えない時(車通勤や満員電車、徒歩など)にオススメです。